pc パチンコ 無料k8 カジノ狭い空間で安定飛行と高精度な撮影ができる小型ドローンを製鉄所の点検に活用仮想通貨カジノパチンコスロット あした の ジョー

pc パチンコ 無料k8 カジノ狭い空間で安定飛行と高精度な撮影ができる小型ドローンを製鉄所の点検に活用仮想通貨カジノパチンコスロット あした の ジョー

pc パチンコ 無料k8 カジノ狭い空間で安定飛行と高精度な撮影ができる小型ドローンを製鉄所の点検に活用仮想通貨カジノパチンコスロット あした の ジョー

gmo コイン 現物 手数料k8 カジノ

パチスロ テラフォー マーズ 歌 日本製鉄とLiberaware(リベラウェア)は2022年7月28日、狭い場所でも安定して飛行し、高精度に撮像できる産業用小型ドローン「IBIS」の実機運用を開始したと発表した。製鉄所内の大型構造設備の点検に活用する。

キャプション小型ドローン「IBIS」外観と運用イメージ[クリックで拡大] 出所:日本製鉄

 Liberawareが開発したIBISは、屋内点検分野に特化したドローンで、大きさ20cm、重さ185gの機体に、高度な姿勢制御機能を搭載する。また、Liberawareは画像の3次元化、点群化技術やAI(人工知能)などを利用した独自の映像解析技術、編集ソフトウェアを有する。

 現在、製鉄所では、設備の老朽化や人手不足による整備作業の負荷とコストを抑えるため、ドローンの採用が進んでいる。設備構造は複雑で狭い場所も多いことから、小回りが利き、気流のある場所でも安定して自律飛行できる機体が求められている。

 製鉄所の設備点検にIBISを採用することで、人による狭小空間の巡視作業を、ドローンによる安定した飛行と高精度の撮像で代替し、工数削減を図れる。また、取得した動画や画像データから生成した3次元データを活用することで、設備保全のさらなる高度化や、生産の安定化および効率化が進められる。

⇒その他の「ドローン」の記事はこちら

仮想通貨カジノパチンコ2020 サッカー 選手権

コメントを残す